未分類

バス釣りにスナップを付ける必要はあるの!?【別に、要りません】

最近、色々な釣りを動画やwebサイトなどで見ていますが“スナップ”を使われてる方が多いように感じられます。↓

スナップが写った画像

これに関してはソルト釣りだけではなくバス釣りにも使われている道具の1つです。

しかし、改めて考えてみるとバス釣りをする上でスナップって必要なのかな?と言う疑問点が浮き彫りになってきました。

そこで、今回は「バス釣りにスナップは付ける必要があるのか?」と言うことについてお話していこうと思います。

はちき
はちき
僕も使ってみた上でのインプレ部分を含みますので、ぜひご参考下さい!

バス釣りにスナップを付ける必要はない

疑問
疑問
バス釣りにスナップは必須なの!?
はちき
はちき
いえいえ、無理して付ける必要はありません!

バス釣りだけではなく色々な釣りでも使われているスナップですが、これは必須なのか?と言われるとそうではありません

もちろん、スナップにこだわりがあってつけたほうが釣果が上がったり使いやすい!などそのような意見な方はつけるべきです。

しかし、僕のようなタイプは   別に使えたら良くない?って感じなので基本的には直結で使うようにしています。

僕自身も、何度かスナップを使ってフィールドに出ていますが、目立つ変化はなくただ交換が早いし楽 などは感じました。

なので、スナップは必須か?と言われるとそうでもありませんし、要らないのか?と言われるとそうでもありません。(自分次第w)

スナップって何!?

疑問
疑問
そもそも、スナップって何なの!?
はちき
はちき
簡単に言うと”クリップの形”が違う版です!w

スナップは見た目が、紙を留めるために使われている“クリップ”にそっくりなんですよ。

あえて、それに近い名前にしてるので若干の影響はあるのかな?と勝手に思っています。

しかし、クリップと違う部分が簡単に開けれるか開けないかです。wまぁ、これに関しては当たり前のようなことなのですが、見比べてみるとこんな感じ。↓

スナップとクリップの比較画像

このように見比べてみると素材感は一緒ですが、形が細長いのと丸みをおびているのかの違いなどもよくわかります。

と、ここまで見ると「スナップとクリップの違い」みたいになるのできちんとスナップについて簡単に紹介します。

スナップは、時間短縮に使われることが多くバス釣りなどにおけるルアー交換の手間を省くように作られている道具の1つ。

バスプロの方など、トーナメンターのような時間との勝負をしている方には必須と言っても過言ではありません。

バス釣りでスナップを使うメリット・デメリット

疑問
疑問
バス釣りでスナップを使うメリットとデメリットも知りたい!
はちき
はちき
どちらとも、3つずつご紹介します!

はちきが別にスナップを使うか使わないかはどうでもいいから、まず判断材料が欲しい!って思ってる方が多いはず。w

なので、ここではスナップを使うことによってのメリット・デメリットをご紹介します。

スナップを使うメリット

まずは、スナップを使うことによって得れる“メリット”をご紹介していきます。

交換がはやい

スナップを付けておくことによって、ルアーなどの交換が著しく早くなります。これは考えれば分かりますが、直結で結んで切ってを毎回やってるとそりゃ、時間はかかります。なので「その時間が無駄!」「早くルアーを交換して釣りをしたい!」と思ってる方はスナップを付けた方が早いのでおすすめです。

ルアーアクションがナチュラル

スナップを付けると、スナップ内で自由にルアーが動き回れるので、かなりナチュラルにアクションを発生させてます。

これに関しは直結でルアーを結んでいると、結んだ部分からルアーは動けないのでぎこちないアクションになってしまう場合が多々あります。しかし、最近のルアーにはラインアイだけじゃなく、丸いものが付いているのでその点はそれでカバーされているのが現状です。↓

ラインアイが分かる画像

クッションになってバレにくい

直結結びにした場合、上記で言ったようなルアーアクションがぎこちないと同様、バスをフッキングした後のファイト時にも影響してきます。よく、バスをバラす原因ででてくるのが「ルアーを固定している場合にバスが暴れる」と言うものです。

しかし、スナップが間に噛んでいる場合だとスナップ内は自由にルアーが動き回るのでバスとのファイト時にも一点集中でなく力を分散してくれます。これによって、どれだけバスが頭を振ろうがスナップがクッションになってくれるので、バラシにくくなります

スナップを使うデメリット

メリットだけを読むと付けるしかないじゃん!と思いますが、スナップを付けることによって生じる“デメリット”も聞いて下さい。

どちらも把握した上でどちらを選ぶのかはあなた次第です。(ミステリー感w)

結び変える時は小さくてめんどい

スナップを付けることによってルアーの結び替えを少なくすることができる!と言ってきましたが、あくまで数回の話でラインが実際に傷ついてしまうと、どうしても結び変えなくてはなりません。その際、スナップはサイズが小さめなためいざ結び変えるとなった時に通常よりもめんどい状況になります。

ゴミや水草が倍引っ掛かる

直結結びの場合でも、若干ゴミや水草が引っ掛かってくることはありますが、スナップを付けることによって倍引っ掛かることになります。これに関しては使うルアーにもよりますが、クランクやシャッドは直結でもリップ部分でめちゃくちゃゴミや水草を引っ掛けます。しかし、バイブレーションなどは通常フック部分だけに引っ掛かるのをスナップを付けることによって約2,3倍引っ掛けてきます。

アクションに融通がきかない

スナップを付けることによって、メリットのところで話した”ルアーアクションがナチュラル”になるというのはあるのですが、それを裏返すとアングラーがここ!ってところで融通がききません。そうなると、後ろから追ってきているバスに対して少し変わったアクションを出そうと思ってもワンテンポずれるのでバイトまで持っていけないことがあります。

バス釣りにスナップを使う時の注意点

疑問
疑問
スナップを使うときに注意する点ってありますか!?
はちき
はちき
そうですね。スナップを使うなら絶対に意識しなければいけないことはあります。

バス釣りに!っていうよりはスナップを使うつもりなら絶対に注意しておかないといけないことが3点ほどあります。

正直、ここで紹介することさえ意識しておけばスナップを使う上での失敗はありません。

注意1:商品によって強度が違う

スナップは意外とたくさんのメーカーさんが商品にしているので、価格(値段)がピンキリなんですよね。その分、同じスナップという商品にも関わらず強度が全然違います。例えば、エバーグリーンさんから発売されている「E.G.WIDE SNAP」はかなり強度があって50cm以上のバスでも全然耐えることができました。

しかし、あるメーカーのものは40cm以上のバスとのファイト中に切れた感覚があったので見てみるとかなり伸ばされていました。なので、選ぶ際は慎重に見るべきです。

注意2:劣化したら元も子もない

スナップは基本的に大量かつ安め+細めなので元からかなり貧弱です。それ+で劣化してしまうと圧倒的に強度がなくなるためキャスト時にラインブレイクするのではなくスナップブレイクをしてしまう可能性があります。

なので、できれば1度使ったものは再度使わない!っていう考え方でいいと思います。消耗品と割り切ればかなり安いので、そこをケチって¥2,000近くのルアーを無くすのとは比べ物にならないはずです。

注意3:小さくて失くしやすい

スナップはネイルシンカーやダウンショットシンカーの次くらいに小さい商品なので、めちゃくちゃ失くしやすいです。

僕も結ぼうと思って袋から出したときに、地面へ落ちると探す気力が出ないぐらい小さすぎて分かりません。それでも、頑張って探してやっとあったわ!ってなるのでほんと草むらとかに落としてしまうと長時間見つからないと思います。

バス釣りのスナップの使い方

疑問
疑問
実際にバス釣りでどうやってスナップを使うのか教えて!
はちき
はちき
そうですね。今回は2つの使い方をご紹介します!

基本的にスナップを使う場面は、ハードルアーが多くソフトベイト(ワーム)で使うことは本当に稀だと思います。

しかし、ソフトベイトでも使う場面がありますので下記ではその両方での付け方&使い方を画像付きでご紹介していきます。

下記で紹介する使い方2つ

ハードルアー編

スナップは主にハードルアーに用いるものなので、まずはハードルアーにどのように付けてどのように使うのかをご紹介します。

今回は、100均(ダイソー)のクランクベイトを使ってスナップの付け方をご紹介します。準備するものは「ルアー×スナップ」です。

付ける順番的には、まずスナップからラインに結んで下さい。

初め結ぶのがめんどいですが段々とこのサイズにも不思議と慣れてきます。結ぶ方向は、上記の場合小さい○の方です。

次は、スナップを開いていきましょう。ここはかなり細かい作業なので、手が大きい方や不器用な方は初め難航します。

あとは、開いたスナップのところにルアーのラインアイをはめれば“完成”です。

ソフトベイト編

少し特殊ですがソフトベイト(ワーム)にも、スナップを使うことができますし逆に使ったほうが良い時があります。その際の付け方や使い方をご紹介していきます。

ソフトベイト(ワーム)編では、チェリーリグにNORIESさんから発売されている「エスケープツイン」を使用します。準備するものはリグ(フック)×ワーム×スナップの3つです。

付ける順番的には、ハードルアーと同じくまずスナップをラインに結んでいきます。

そして、ここもハードルアーと同じように指でスナップをなるべく幅広に開いて下さい。

次は、リグ(今回の場合はチェリーリグをセット)していきましょう。この際はきちんとスナップに良いところが出るように動き回れる位置にセットしていきます。

最後、フックにワームを付けるとスナップ×ソフトベイト(ワーム)の“完成”です。これで、ボトムパンプとかすれば釣れると思います。

まとめ

本記事では「バス釣りにスナップを付ける必要はあるの!?【別に、要りません】」についてお話してきました。

疑問
疑問
結論、バス釣りにスナップを付ける必要はあるの!?
はちき
はちき
ん〜。ぶっちゃけ僕はこれから付けるつもりはありません!

バス釣り×スナップは聞くところによるとかなりの方が付けていると効きましたが、僕は結論必要ないな!と思いました。

もちろん、付けるとメリットの部分があるのですがそれよりも伸びて切れる可能性があったりアクションがつけにくかったりとデメリットを見てしまいガチです。

なので、わざわざそれで無理やり付けるのもどうかな…。と考えたところ要らないの発想になってしまいました。w

もちろん、付けている方がどうのこうのはありませんしこれから付けようと思ってる方にあーだこーだ言う気持ちもありません。

でも、1つだけ言えることは1度使っておくことだと思います。

1度使ってみて必要!と思えるかもしれませんし、僕と同じく要らない!ってなるかもしれませんが、それだけでも知れる価値があるので、1度が使ってみて下さい。

はちき
はちき
最後まで読んでいただきありがとうございました!🙇‍♂️

他にも、ルアーのインプレ記事やバス釣りに関する豆知識記事などもありますのでぜひそちらもご覧ください。

ABOUT ME
はちき
香川県在住のバス釣りアングラーです。バス釣り歴7年・釣り歴10年以上/主にルアーのインプレやバス釣りに関する豆知識を発信。