バス釣り

【初心者必見!】ブラックバスの正しい計測方法を写真付きで解説!【正解・不正解】

“疑問”
“疑問”
・ブラックバスのサイズが…。
・正しい計測方法って何?
・詳しく写真付きで知りたい

▼直ぐに結論を知る▼

こんにちは。最近、顔油が酷くベタベタではちき(@basszero2020)で御座いますー。

バス釣りをしていると絶対立ちはだかる壁が釣った大きさを周りの人と競い合う勝負?みたいなものになります。

これをするにはメジャーと呼ばれるモノサシみたいなものが必要でして、メジャーを使って測るには少し複雑な方法が存在してます。

よく50cm以上のバスを釣った!とSNSなどに投稿されていますが“正しい測り方”をすればせいぜい45,6のサイズばかり。

もちろん、自己満足の世界なのでそれをとやかく言うつもりはありませんが、周りから見ればただのズルと同様の行為です。

なので、この記事ではそうならないためにも「ブラックバスの正しい計測方法」についてご紹介していきます。

✔︎本記事の内容

  1. ブラックバスの正しい計測方法
  2. 正しく計測する理由
  3. 正解・不正解を見比べる

と、3つのことについて解説します。

この記事を最後まで読むことで、ブラックバスの正しい計測方法を知ることができます。

はちき
はちき
僕も、初心者の時は間違っておりましたので大丈夫です。

ブラックバスは正しく計測しよう!

h2見出し1「ブラックバスは正しく計測しよう!」の装飾画像
“疑問”
“疑問”
でも、なぜサイズを正しく計測するべきなんですか?
はちき
はちき
上記でも言ったように、ズル行為と思われてしまうからです。

趣味程度でただ単にバス釣りをしている方はある程度のサイズ把握できれば良いので、適当でも良いと思います。

しかし、SNSに投稿したりバス釣り関係の大会に出ようと思っているのであれば、正しい計測方法を知っていなければ、恥ずべき行為になってしまいます。

なので、下記では正しく計測しなければいけない理由を2つほどご紹介していきます。

大会などでは不正扱い

h3見出し1「大会などでは不正扱い」の装飾画像

まず、1つ目の理由は「大会などでは不正扱い」です。

まぁ、大会に出る様な人たちはサイズ計測ぐらい常識だろうと思うので、言う必要はないかも知れませんが一応言っておくと、サイズ重視で開いている大会などでサイズ計測を適当にしてしまうとどれだけ大きなバスを釣っていても不正扱いで棄権になります。

SNSでの第三者の捉えられ方が変わる

h3見出し2「SNSでの第三者の捉えられ方が変わる」の装飾画像

2つ目は「SNSでの第三者の捉えられ方が変わる」です。

これは、気にしなくても良い1つではありますが、もし自分が釣ったバスの写真をSNSに投稿するのであれば、サイズ計測を適当にするとやはり…となってしまいます。

僕自身、この点には注意していていつも計測するときは何回も確認していますし、SNSに上げる前は何度も見直しています。それぐらい、計測は大事なことです。

ブラックバスの正しい計測方法・手順

h2見出し2「ブラックバスの正しい計測方法・手順」の装飾画像
“疑問”
“疑問”
じゃあ、ブラックバスの正しい計測方法や手順は?
はちき
はちき
僕がいつも意識している点についてご紹介していきます。

正しく計測しなければいけない!と上記の”見出し1“でも言いましたが、実際どのように計測するべきなのかについて、下記では詳しく解説します。

手順1,メジャーはピンと張る

h3見出し3「手順1,メジャーをピンと張る」の装飾画像

まず、正確に計測するには「メジャーはピンと張る」と言うことをしてください。

特に、斜め護岸のような測りにくいところでは片足で端っこを踏ん張った状態で、片手でもう端っこを引っ張っりましょう。

そうすることで、自然的にメジャーをピンと貼った状態になるためこれで、正確に計測できる準備が完了します。

手順2,口を閉じて0に合わせる

h3見出し4「手順2,口を閉じて0に合わせる」の装飾画像

では、早速ブラックバスをメジャーの上においていきましょう。そのあとは、バスの口を閉じてピンッと貼ったメジャーの0に合わせましょう。こんな感じ?↓

口は閉じて0に合わせている画像

これは、口が閉じないので少し開いていますが、この場合は開いている口の上側で0に合わせるようにしましょう。

そうすることで、口を閉じて計測するのとほぼ同様のサイズで計測することができますので、正確さには間違いありません。

1番やってはいけないのが、口を開いて下顎で0に合わせることです。これはひどい時4,5cmズレてしまいます。

手順3,尾を開いて1番先端を見る

h3見出し5「手順3,尾を開いて1番先端を見る」の装飾画像

口を0にsetすることができればあとは尻尾を全開までに開いてください。こんな感じ↓

たまに全然開かない個体もいますが、大抵はこの写真のように開きますので口を抑えながらも全開にしましょう。

そして実際にどこのサイズを見るのかと言うと、開いて1番先端に出ている部分を確認

上記の写真で言えば、右側に出ている場所をチェックしてください。他の尾が38cmであろうと一部でも38.5cmに乗っていれば、それはA38.5cmで大丈夫です。

測り方の正解・不正解を見比べる

h2見出し3「測り方の正解・不正解を見比べる」の装飾画像
“疑問”
“疑問”
でも、どれが正解で不正解なのかが分からないんだけど…。
はちき
はちき
そうですね。では、分かりやすく写真で解説します。

実際に正しい計測はこれ!って言われても意味が分からないと思いますので、どれが正解で不正解なのかを紹介します。↓

口の位置の正解・不正解が分かる画像

この写真だけで言うと口の場所が0に合わせられていないため、多少ですがサイズが異なってしまいます。

尻尾の位置の正解・不正解が分かる画像

この写真は尻尾が畳んでしまっているので、口の位置がズレてるのと同じぐらいの誤差になってしまいます。それよりも、下手するとズレているかもしれません。

まとめ:ブラックバスの正しい測り方について

h2見出し4「まとめ:ブラックバスの正しい測り方について」の装飾画像

本記事では「【初心者必見!】ブラックバスの正しい計測方法を写真付きで解説!」についてお話してきました。

“疑問”
“疑問”
結論、ブラックバスの正しい計測方法は必須ですか!?
はちき
はちき
はい、絶対にしておくべきですので上記を参照ください。

ブラックバスは基本的に食べる目的で釣るものではなく思い出のために釣るものだと僕自身思っています。

その思い出は「今日45cmのバス釣ったよ!」などのサイズ重視なのではないでしょうか?

そんなサイズ重視のために釣っているバスを適当に測って曖昧なサイズではなく、きちんと正確に計測した方が良いと思います。

もちろん、大きく盛りたいのは僕も一緒ですので気持ちは分かりますが、後々変な思いをしたくないはずです。

なので、上記の”#見出し2“で解説した方法で大会に出る時&SNSや友達に見せるときに自慢できるように正確な計測方法を覚えておきましょう。(シンプルで簡単!w)

はちき
はちき
最後まで読んでいただきありがとうございます!🙇‍♂️

他にも、ルアーのインプレ記事やバス釣りに関する豆知識記事などもありますので、ぜひそちらもご覧下さい。

ABOUT ME
はちき
香川県在住のバス釣りアングラーです。バス釣り歴7年・釣り歴10年以上/主にルアーのインプレやバス釣りに関する豆知識を発信。