未分類

【DSTYLE】トルキーストレートの特徴と使い方!【プラグ要素の棒ワーム】

この記事では「青木大介さん率いるDSTYLEから発売されています「トルキーストレート」についてご紹介していきます。

棒ワームの代表と言っても過言ではない「トルキーストレート」は発売されて2020年の時点で約6年経っていますがまだまだ選抜ワームの1つです。

それぐらい沢山のアングラーが使っており確かな釣果もありますので、ぜひこの記事を読んでもっと深く知って下さいね!w

トルキースレートとは何?

まず、使い方を紹介する前に「トルキーストレート」とは何ぞや?と言う方のために軽くご紹介していきます。

名称 トルキーストレート
メーカー Dstyle/ディスタイル
発売年月 2014年10月
公式サイト dystyle-lure.co.jp

TORQUEE STRAIGHT/トルキーストレートはDSTYLEの第二弾ワームとして登場しました。第一弾のD1と同じコンセプトで「誰が使っても同じアクションを起こすことができるワーム」で開発されています。なので、バスプロの方が使ってもバス釣り初心者の方が使っても同じアクションをつけることができて釣果に差が出にくいと言うことです。勿論、使用する場面や場所で違うと思いますがアクションに関しては実質同じようにできます。

トルキースレートの情報

上記では簡単にトルキーストレートについて紹介しましたがもう少し詳しい情報がありますので下記でお話していきます。

下記で紹介する内容は「カラー・大きさ」の種類2つです。

下記で解説するポイント

カラーの種類

3.8inchカラー(全18種)

1,グリーンパンプキンペッパー 2,グリーンパンプキン・ブルーフレーク&ペッパー
3,シナモンブルーフレーク 4,ライトスモーク
5,モエビミソ 6,ライトウォーターメロン・レッドフレーク&ペッパー
7,チャートリュース 8,グリパン/チャート
9,ブルーギル 10,ライトウォーターメロン・ペッパー
11,キンクロ 12,スカッパノン
13,デッドリーワカサギ 14,ブラック・ブルーフレーク
15,サワガニ 16,グリパンモエビ
17,ライトモエビ 18,ミミ(ナイトクローラー)

4.8inchカラー(全23種)

1,グリーンパンプキンペッパー 2,グリーンパンプキン・ブルーフレーク&ペッパー
3,シナモンブルーフレーク 4,ライトスモーク
5,チュートリュース 6,ライトウォーターメロン・ペッパー
7,グリパン/チャート 8,モエビミソ
9,キンクロ 10,スカッパノン
11,デッドリーワカサギ 12,ライトウォーターメロン・レッドフレーク&ペッパー
13,ブルーギル 14,ブラック・ブルーフレーク
15,サワガニ 16,グリパンモエビ
17,ライトミミズ 18,ホロスパークシャッド
19,レイクシュリンプ 20,スカッパノン・ブルーフレーク
21,魚肉ミミズ 22,プレミアムモエビ
23,ミミ(ナイトクローラー)

5.8inchカラー(全18種)

1,グリーンパンプキンペッパー 2,グリパン・ブルーフレーク&ペッパー
3,ライトスモーク 4,グリパン&チャート
5,ブルーギル 6,モエビミソ
7,スカッパノン 8,ライトウォーターメロン・レッドフレーク&ペッパー
9,チャートペッパー 10.ブラック・ブルーフレーク
11,シナモンブルーフレーク 12,ライトウォーターメロン・ペッパー
13,キンクロ 14,デッドリーワカサギ
15,サワガニ 16,グリパンモエビ
17,ライトミミズ 18,ミミ(ナイトクローラー)

大きさの種類

サイズ TORQUEE STRAIGHT 3.8inch
本数 10pcs
カラー数 18colors
価格 770円(税抜)

トルキーストレートの1番小さいサイズは3.8インチです。このサイズはシルエットが小さいためアクションが弱いのかなと思いがちですがそんなことはなくて他2つと比べても劣りません。

使い分けとしてはフィールドのベイトに合わせて小さいベイトやエビ系を食べてるのでしたら3.8インチが1番オススメです。また、サイズが小さくなったからと言ってデカバスが食わないと言うことはないのでご安心ください!

▶︎「楽天」で確認

サイズ TORQUEE STRAIGHT 4.8inch
本数 8pcs
カラー数 23colors
価格 770円(税抜)

初代トルキーストレートが中間サイズの4.8インチになります。このサイズは基本どこでも使うことができるオールラウンダーです。

なので、3サイズ持っていてどれを投げようか困った際は4.8インチを選んで投げましょう!wまた、カラーバリエーションが他2つのサイトと比べても多いです。

▶︎「楽天」で確認

サイズ TORQUEE STRAIGHT 5.8inch
本数 7pcs
カラー数 18colors
価格 770円(税抜)

トルキーストレート最大のサイズは5.8インチになります。このサイズも4.8インチと同じくどんなフィールドでも使うことができますが使い分けとしては濁り水系でハイアピールしたい時や風がある時などに5.8インチ・普通の水系や無風な時などに4.8インチと言う感じです。

また、流れが強いところでもドリフトさせたいのでしたら5.8インチがオススメ!

▶︎「楽天」で確認

トルキーストレートの特徴

トルキーストレートについて上記で最低限知っておくべき情報は把握して頂いたと思います。なので、ここからは補足情報としてトルキーストレートの特徴3つほど紹介していきます。

トルキーストレートの特徴3つ

強い水押し

トルキーストレートは「細長い棒ワーム」と言う雰囲気をしていますが、実は隠れハイアピールワームです。例えば、ワームを縦にして見たときに平らな面があったりリブ状になっていたりと強く水を押す要素ばかりあります。

なので、実際水中映像などを見ると他の某メーカーワームよりもブルブルと震えながらアクションをしています。

自発的アクション

これは上記に引き続きなのですがトルキーストレートは自発的アクションを起こすワームでして、フォール・ただ巻きだけでも震えたり,揺れたりしてくれます。

そのため、アングラーが意識してアクションを起こさなくてもワーム単体でバスにアピールします。これが「青木大介」さんが表現したかったプロでもアマでも同じように使うことができる理由なのかなと思います。

FECO認定ワーム

トルキーストレートはFECO認定ワームになります。なので、JBやNBCなどのトーナメントでも使用することが可能です。

FECO認定ワームとは?と言う方もいらっしゃると思いますので興味がある方は下記の記事を一読下さい!↓

あわせて読みたい
【必見】Fecoマークとは何なのか!【環境をよりよくするための活動】今回、たまにワームのパッケージ右下にある「Fecoマーク」について解説していきます。 僕自身も、初めはなんなのこのマーク?となって...

トルキーストレートの使い方

この記事のメインであるトルキーストレートの使い方についてご紹介していきます。

下記では、3つの使い方をご紹介しますのでトルキーストレートを実際使用する際、参考にして頂ければ幸いです。

トルキーストレートの使い方3つ

ネコリグ

トルキーストレートの使用方法1は“ネコリグ”です。もう、トルキーストレート=ネコリグと覚えて頂いても良いぐらいオススメのリグになります。なぜかと言うと、ネコリグはネコリグでも他の棒ワームでは再現できないただ巻きでのブルブルだったりボトムでの揺れが凄いからです。

実際に使って頂いたら分かりますがトルキーストレートが水中でいる時はどんなアクションもバスを誘うのでアングラーが意識しなくてもバスがボコボコ釣れます。

あわせて読みたい
【必見】ネコリグの正しい使い方を解説!【画像付きで説明します。】今回は、バス釣りで皆さんが1度はしたことがある「ネコリグ」の正しい使い方を解説していきます。 しかし、この記事で紹介する内容が全て...

ダウンショット

トルキーストレートの使用方法2は“ダウンショット “です。これもネコリグ同様にアクションを付けてくれるのは勿論のことダウンショットによってワーム単体で自然フォールします。これが良くてトルキーストレートはノーシンカーでのフォールがゆっくりとクネクネするんですよね。

なので、そこでバイトチャンスが増え釣果にも繋がってきます。僕的には30cm~50cmのリーダーを取る方が効果的だと思います。

あわせて読みたい
ダウンショットの正しい使い方を解説!【画像付きで紹介します。】この記事では、リグ界のTOP3の中の1つ「ダウンショット」について分かりやすく簡単に紹介していきます。 下記で紹介する内容が全てで...

ジグヘッドワッキー

トルキーストレートの使用方法3は“ジグヘッドワッキー”です。これに関してはクネクネさせながら使用するリグなので遠投して巻いてくると言うよりはここぞ!と言う場所で使用する時などに効果を発揮します。

特に、トルキーストレートのような強い波動を出すワームは一点でシェイクながら使うとバス側から寄ってきてくれるのでわざわざ遠くに投げなくても大丈夫です。

トルキーストレートの釣果情報(口コミ)

トルキーストレートの実釣動画

こちらはDSTYLE代表の「青木大介さん本人がトルキーストレートを使って実釣している動画になります。動画の内容はトルキーストレートの使い方やどんな場所で使うのが良いのかなど詳しくお話しされていてかなり分かりやすいです。

こちらはDSTYLEスタッフの「西平守良さんが日本一のレイクである「琵琶湖」で実際に釣りをしている動画です。動画内でデカバスもGet!されていますし、どこに投げてどのようにアクションをしているのか良くわかるのでこの動画だけでも勉強になります。

こちらはトルキーストレートが水中でどのようなアクションをしているのかが分かる動画になります。これを見ておくことで実際にフィールドで使う際など正しいアクションの付け方を知ることができるので1度見ておきましょう!

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!‍🙇‍♂️

上記では、トルキーストレートについて色々とお話してきました。ここまでの情報(紹介)でほとんど分かって頂けたかと思います。

なので、わざわざまとめる必要はないと思いますがもっと簡単に分かっていただけるよう下記に箇条書きでまとめさせて頂きます。

・DSTYLE第二弾ワーム
・プロでもアマでも使いこなせる
・他メーカーと比べても安い
・棒ワームの最終進化系

トルキーストレートについてはこれで終了ですが他にも色々なワームやルアーなどを紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください!

では、ここまで長い時間お付き合いして頂きありがとうございました!‍🙇‍♂️(終了ですw)

ABOUT ME
はちき
香川県在住のバス釣りアングラーです。バス釣り歴7年・釣り歴10年以上/主にルアーのインプレやバス釣りに関する豆知識を発信。