バス釣り

【事実】夜釣りはルアーが全く見えないです。【あまりおすすめしない】

疑問
疑問
・夜釣りにルアーを使いたい…
・夜はルアーが全然見えない?
・見えないといけない理由は?

▼直ぐに結論を知る▼

こんにちは。最近、サボリーノの朝・夜マスクをしているはちき(@basszero2020)です。

釣りは年がら年中24時間することができるのですが、その中でも夜釣りと言うのは真っ暗の中釣りをすることになります。

そうなると、僕ら人間は猫のように目が特殊なわけではないので、何も見えません。w

しかし、釣りはキャストしたり釣れやすいポイントの投げなければいけないのですが、ルアーではかなり難しいでしょう。

なので、結論=A,夜釣りはルアーが全く見えない。について解説していきます。

✔︎本記事の内容

  1. 夜釣りはルアーが全く見えない
  2. ルアーが見えないとダメな理由
  3. 夜にルアーを投げるなら

と、3つのことについて解説していきます。

本記事を読むことで、夜釣りの時にルアーをキャストしたい!と思っている人がどうするべきか分かると思います。

はちき
はちき
下記では、7年の経験上でのお話をしていきます!w

夜釣りはルアーが全く見えない

h2見出し1「夜釣りはルアーが全く見えない」の装飾画像見出し1「夜釣りはルアーが全く見えない」
疑問
疑問
夜釣りって全くルアーとか見えないんですか!?
はちき
はちき
はい、外灯があっても見えないのが僕ら人間です。

冒頭でも言いましたが、夜にルアーフィッシングをするのは難しくてほとんどの方が「これなら昼にするべきだな!」と思うはずです。

それでも、昼間に仕事があって夜にしかできない方なども存在していますので、その方々にお伝えすると①バス釣り②シーバスなどの釣りは辞めておきましょう。

もちろん、このような釣りでもルアーで釣ろうと思えば全然可能ですがなんせ“無駄”です。

と、言うとキツげに聞こえますが夜の釣りは色々と気を使わなければいけないのにも関わらず→「根掛かりは多発する+なかなか釣れない」となってしまいます。

目が見えない環境は人間にとってかなり不利な状況ですので、その状況でも楽しめる人が夜釣りをするべきです。

夜にルアーが見えないとダメな理由

h2見出し2「夜にルアーが見えないとダメな理由」の装飾画像見出し2「夜にルアーが見えないとダメな理由」
疑問
疑問
でも、なぜ夜にルアーが見えないのはダメなのですか?
はちき
はちき
ん〜。そうですね。僕的には3つの理由があります。

上記の”#見出し1“では夜にルアーが見えない状況について紹介しましたが、なぜ見えないのがダメなの?と思うはずです。

そこで、僕が経験して「あ、これは無理だ…。」と思った理由を3つ紹介していきます。

理由1,根掛かり回避を意識的にできない

h3見出し1「理由1,根掛かり回避を意識的にできない」の装飾画像「理由1,根掛かり回避を意識的にできない」

夜にルアーが見えないとダメな理由1は「根掛かり回避を意識的にできない」です。

上記でも言いましたが夜は何も見えないので、ルアーをキャストすると今どこを巻いてきているのかと言うのが分かりません。

そうなってくると、いつもの雰囲気で巻くのを止めて根掛かりを回避したり、ロッドを少し上げて回避したりなどと色々意識的に自分ですることが全くできないです。

と、言うことは”根掛かり”する可能性が格段に上がります。現代では1つ¥1,000はザラ。

あわせて読みたい
根掛かりの正しい外し方や防ぐコツを徹底解説!【理由も3つ紹介】こんにちわ。最近ハードルアーを使うたびに根掛かりを起こしているはちき(@hatiki)です。 この記事をみているあなたも根掛かりは...
あわせて読みたい
根掛かり回収機の選び方やおすすめ5選を紹介!【これがあれば安心だ!】こんにちわ。最近、釣りに行きたすぎて家の中でキャスト練習をしているはちき(@hatiki0220)です。 釣りをしている中で最悪な...

理由2,釣れるポイントを狙えない

h3見出し2「理由2,釣れるポイントを狙えない」の装飾画像「理由2,釣れるポイントを狙えない」

夜にルアーが見えないとダメな理由2は「釣れるポイントを狙えない」です。

釣りは運だけではなく少なからず知識や情報と言うものは生かすことができて、知っている人と知っていない人では釣果は変わります。

そんな中の1つが“釣れやすいポイント”でして、昼間の明るい時でしたらキャスト精度さえあればある程度は狙えるでしょう。

しかし、夜になると真っ暗でそのような場所が見えないだけでなく「釣れるポイント=根掛かりやすい」が影響してきて気持ち的にも目的にも攻めることができません。

理由3,着水のタイミングが分からない

h3見出し3「理由3,着水のタイミングが分からない」の装飾画像「理由3,着水のタイミングが分からない」

夜にルアーが見えないとダメな理由3は「理由3,着水のタイミングが分からない」です。

上記の2つでしたらまだキャストをすることができる前提で言っていますが、これに関してはそれもできない場合の理由になります。

と、言うとルアーを投げる際は“ベイトリール”を使って釣りをするのですが、着水が分からないとバックラッシュになってしまいます。

そうなると釣りを続行することも難しくなるので、キャストすらすることができません。

夜にルアーを投げるなら意識すべきポイント

h2見出し3「夜にルアーを投げるなら意識すべきポイント」の装飾画像見出し3「夜にルアーを投げるなら意識すべきポイント」
疑問
疑問
でも、夜釣りでルアーを投げたいと思うのですが…。
はちき
はちき
それならば意識すべきポイントが2つありますよ!

上記の理由を聞いても、夜釣りにルアーの釣りをしてみたい!と言う人がいるでしょう。

もちろん、全くできないわけではないのでその際に意識すべきポイントについて下記で2つほどご紹介していきます。

ポイント1,光ものorビックベイト

h3見出し4「ポイント1,光ものorビックベイト」の装飾画像「ポイント1,光ものorビックベイト」

夜にルアーを投げる際に意識すべきポイント1は「光ものorビックベイト」です。

夜は視覚さえ確保できればルアーを投げることができるので「①光②サイズ」を意識すればキャストすることはできます。

なので、真っ暗で何も見えない環境なのであれば釣果を気にしてサイズが小さめなルアーを選ぶのではなく少し大きめの感覚で分かったり見えるルアーを選びましょう。

そうすることで、少なからず夜釣りにルアーフィッシングを楽しむことができます。w

ポイント2,強いライト(照明)をつける

h3見出し5「ポイント2,強いライト(証明)をつける」の装飾画像「ポイント2,強いライト(照明)をつける」

夜にルアーを投げる際に意識すべきポイント2は「強いライト(照明)をつける」です。

夜釣りは上記で言うように視覚が確保できれば“安全面”でも安心して釣りができるので、強いライト(照明)を持っていきましょう。

こちらの記事でも必要な道具として紹介→

これを付けていることによって虫が集まってくる!と言うデメリットは存在しますが、視覚が確保できるのでかなり活用できます。

キャストする道具で見えやすいようにするよりは、ライト(照明)があった方が安心です。

まとめ:夜釣りはルアーが全く見えない件について

h2見出し4「まとめ:夜釣りはルアーが全く見えない件について」の装飾画像見出し4「まとめ:夜釣りはルアーが全く見えない件について」

本記事では「【事実】夜釣りはルアーが全く見えないです。【あまりおすすめしない】」についてお話してきました。

疑問
疑問
結論、夜釣りでルアーの釣りをはできるんですか?
はちき
はちき
はい、可能ですが。僕はあまりおすすめしません。

上記の”#見出し3“でお話したように色々工夫することによって夜釣りの際にルアーを使った釣りをすることができるでしょう。

しかし、そんなにも気を使いながら夜釣りをするメリットは?ってなると思います。

もちろん、仕事が忙しくて夜にしかできない!と言う人もいるでしょうが、夜は根掛かり多発+危険と言うのは覚えておいてください。

僕は、夜釣りをするのであれば餌釣りorワームで釣りをするようにします。(参考に!w)

はちき
はちき
最後まで読んでいただきありがとうございました。🙇‍♂️

他にも、ルアーのインプレ記事や釣りに関する豆知識記事などもありますので、ぜひそちらもご覧ください。

ABOUT ME
はちき
香川県在住のバス釣りアングラーです。バス釣り歴7年・釣り歴10年以上/主にルアーのインプレやバス釣りに関する豆知識を発信。