未分類

【必見】スモラバにおすすめのトレーラーはこれだ!【全7種類を紹介】

こんにちわ。最近ちょこちょこ釣りで小バスを釣るのではなくデカイワームで1発を出したいと思っているはちき(@hatiki0220)です。

やっぱり、男なら黙ってデカイバスを仕留めたいと思っている方も多いと思いますが現実そんなに甘くありません。

僕自身、バスがどんなサイズでも釣れたら嬉しいのでデカイワームとかを使っていてもチキってちょこちょこ釣りをしてしまいます。w

その際に良く利用するのは、サイトの王様「スモラバ」ではないでしょうか!?(僕はそうw)

参考:【インプレ】100均(ダイソー)にスモラバが登場!?【バス釣りに革命が!】

スモラバはぶっちゃけ数も釣れますしデカバスもタイミングが合えば全然釣れます。

そんなスモラバに合うワームは世界にたくさんありますがその中でも僕のおすすめワームが7つほどあります。

なので、この記事はその点について選び方や「おすすめのトレーラー」をご紹介します。

はちき
はちき
ぜひ、スモラバに合うトレーラーを見つけてバスをじゃんじゃん釣ってくださいね!w

スモラバとは

疑問
疑問
まず、スモラバってどんなものなんですか?
はちき
はちき
簡単に言うと、ラバージグを小さくしたものを指します。

スモラバと言うのはラバージグの小さい版で目安としては5g未満のものになります。

参考:【必見】ラバージグの使い方などをどこよりも分かりやすく解説します!

大体、使うのはサイトフィッシングと言って見えバスや薄めのカバーなどに入れて使用することがほとんどでサイトの王様的存在です。

特に、バスプロの方々で言うとDstyle代表「青木大介」さんやBottomup代表「川村光太郎」さんが主に使用しています。

また、バス釣り公式大会(JB.NBC)などでもかなり重宝されているリグの1つです。

スモラバトレーラーの選び方

疑問
疑問
スモラバのトレーラーを選ぶ際はどの点を見るべきなの?
はちき
はちき
そうですね!僕的にはいつも4つのポイントで選んでいます!

スモラバは持ってるけどトレーラーは実際どんな「選び方」をすれば良いのか分からないと言う方は多いと思います。

過去、僕もどうやって選べば良いんだろう?と悩んでおり最近になってある程度ここのポイントをみて選べばいいんだ!と言うのが分かりました。

なので、下記では「スモラバトレーラーの選び方」を4つほどご紹介(共有)していきます。

使い所

自分がまずスモラバをどんな所で使うのか頭に想像してください。例えば「野池のブッシュ際・流れ込み付近のカバー周り」など。その際に判断する情報としては泳がしたりして魚に見せたいのかカバーに突っ込んでエビなどに見せたいのかなどです。それによって合うワームと合わないワームがあります。←おすすめトレーラーのところで詳しく解説しています。

フィールドの主なベイト

「フィールドの主なベイト」によってもトレーラーが変わってきます。例えば、エビが多く生息しているフィールドだとホッグ系ワームが良いですし、ハスやオイカワといった魚系でしたらシャッド系のワームがおすすめです。

持ってるラバーのカラー

今、現在自分が持っている「スモラバのカラー」によっても選ぶトレーラーが変わってきます。と、言ってもワームの形と言うよりはワームのカラーがそれにあったものを選ぶ方が良いと言うことです。勿論、ギャップがあるカラーでも良いんですができればチャート系のラバーならチャートのワームと合わせると尚良くなります。

スレているかスレていないか

最後の基準としては自分が良く行っているフィールドが「スレているかスレていない」で判断します。アピールが強いものはスレているフィードではあまり向きませんし、アピールが弱すぎるとバスに気づいてもらえません。なので、1番簡単そうに見えて1番難しいポイントなのでこれに関しては色々試さないと答えは出てこないです。

スモラバにおすすめのトレーラー7選

疑問
疑問
スモラバのトレーラーは結局何がおすすめなんですか!?
はちき
はちき
結論、色々なものを使って見るのが1番ですね!w

上記ではスモラバに合うトレーラーの選び方をご紹介してきましたが結論は色々なワームを使って確認すべきです。

なぜかと言うと、ここで紹介する「おすすめのトレーラー」はあくまで僕自身の経験上なので基本香川県のフィールドに有効だった!と言うことになります。

勿論、他のフィールドでも大差なく使うことができるのは間違いないですがその点だけは把握してから下記をご覧ください。

シャッド系ワーム

スモラバは基本軽めのカバーに入れて使う!と思っている方が多数います。勿論これが間違っているわけではありませんがそれ以外にも使い方はあって、ただ巻きや瞬発的アクションをさせる時などです。その際は「シャッド系ワーム」をトレーラーにするのがおすすめ。

デスアダー[3inch]

デスアダーと言ってもシリーズの中の最小サイズである3inchのみがスモラバのトレーラーとしておすすめです。特に、流れのあるようなカバーなどではテールの微振動が良くベイトフィッシュを追いかけているバスに効果的。

名称 DEATHADER/デスアダー[3inch]
メーカー deps/デプス
価格 650円(税抜)
公式サイト depsweb.co.jp

▶︎詳細はこちら

i Shad

JACKALLさんから発売されている赤パケシリーズの人気ワーム「i Shad」もスモラバのトレーラーとしておすすめです。シャッド系なので、カバーを撃つとかではなくただ巻いて使うこともできます。

名称 i Shad/アイシャッド
メーカー JACKALL/ジャッカル
価格 480円(本体価格)
公式サイト jackall.co.jp

▶︎詳細はこちら

ホッグ系ワーム

カバーに撃つ時や見えバスにアプローチする時などに1番おすすめなのは「ホッグ系ワーム」です。なぜかと言うと、しつこくアプローチができるのはもちろんのことベイトザマッチさせることができるからなんですよね。=1番バスを騙しやすいトレーラーです。

ビビビバグ

リグの発案者で有名な「村上晴彦」さんが代表を勤めているisseiの「ビビビバグ」はスモラバトレーラーに最適です。特にカバーを撃つ時などや細かいシェイキングをする時などは全体のパーツが微振動を起こしバスの捕食スイッチを入れます。

名称 bibibiバグ/ビビビバグ
メーカー issei/一誠
価格 720円(税抜)
公式サイト issei.tv

▶︎詳細はこちら

ドライブビーバー

O.S.Pのドライブシリーズの1つである「ドライブビーバー」もスモラバのトレーラーにおすすめなのですがなんせ水押しの強いアピールのワームです。なので、濁っている水系でも問題なく使えますしある程度の流れがあっても存在感をアピールしてくれます。

名称 DoLive Beaver/ドライブビーバー
メーカー O.S.P/オーエスピー
価格 780円(税抜)
公式サイト o-s-p.net

▶︎詳細はこちら

スモラバの特化ワーム

上記では基本スモラバのトレーラー向けに作られたと言うか、元々は単体で使うように作れれているものです。ここから紹介するのは完全に「スモラバのトレーラーに特化」したワームになります。勿論、ダウンショットのなど単体で使うことも可能なワームです。

D1

一見シャッド系に見えるワームなのですが実はそうではなくてスモラバのトレーラー専用として作られた「D1」は伝説のワームです。サイトの神様「青木大介」さんが率いるDSTYLEの1発目の商品ですので間違いありません。僕も、発売当初からお世話になっております。

名称 D1/ディーワン
メーカー DSTYLE/ディスタイル
価格 770円(税抜)
公式サイト dstyle-lure.co.jp

▶︎詳細はこちら

M.P.S

こちらの川村光太郎さん率いるBottomupのワーム「M.P.S」もスモラバのトレーラーでは最強です。実釣動画も拝見しましたが繊細なシェイクでバスを誘う際に全体のパーツが揺れ動く感じがたまりませんでした。霞ヶ浦水系などのスレたバスにも効果的です。

名称 M.P.S/エムピーエス
メーカー Bottomup/ボトムアップ
価格 630円(税別)
公式サイト bottomup.info

▶︎詳細はこちら

ディトレーター

スモラバのトレーラー専用として一時期めちゃくちゃ話題になったゲーリーヤマモトさんから発売されている「ディトレーター」は青木大介さんプロデュース商品です。今現在はスポンサーから外れていますがお店には並んでいますので購入することはできます。

名称 DETRATOR/ディトレーター
メーカー Gary YAMAMOTO/ゲーリーヤマモト
価格 810円(税別)
公式サイト gary-yamamoto.com

▶︎詳細はこちら

まとめ:スモラバのおすすめトレーラーについて

本記事では「スモラバにおすすめのトレーラーはこれだ!【全7種類を紹介】」についてお話してきました。

疑問
疑問
結論、スモラバにおすすめなトレーラーはなんですか?
はちき
はちき
フィールドによりますがホッグ系を買っておけば間違いありません!

スモラバ自体は色々な各メーカーさんが発売していますが実質どのメーカーのものもほぼ同じクオリティです。

そうなるとどこで差を付ければ釣果が変わってくるかと言うと「トレーラー」ですよね。

どんなワームでも付ければよくね?と僕自身初めは思っていましたが約7年間通して感じたことはフィールドによって全然変わるってことです。

例えば、山付近にある野池だとフィッシュ系と言うよりは虫もしくはエビなどが多く生息しているためホッグ系ワームが強くなります。

逆に湖やダムとかになると虫も食べますがフィッシュ系も多いので、シャッド系ワームが強くなってきます。

このように、フィールドの環境によっても好みや系統が異なるためまずは1番初めに紹介した「トレーラーの選び方」をご参照ください。

はちき
はちき
最後まで読んでいただきありがとうござました!🙇‍♂️

他にもルアーのインプレ記事やバス釣りに関する豆知識などの記事もありますので、ぜひそちらもご覧ください。

ABOUT ME
はちき
香川県在住のバス釣りアングラーです。バス釣り歴7年・釣り歴10年以上/主にルアーのインプレやバス釣りに関する豆知識を発信。