ワーム

【インプレ】チャンクローを使えば釣果がUP!【正しい使い方と釣り方をご紹介】

疑問
疑問
・チャンクローって何!?
・どんなワームなの?
・使ってみた感想はどうなの?

▼直ぐに結論を知る▼

今回、JACALLファンの方でしたら必ず持っているであろう五十嵐将実さんプロデュースの「CHUNKRAW(チャンクロー)」について解説していきます。

僕自身もバス釣りを始めた初期からJACALLさんのファンなので、チャンクローは元々いくつか所持しています。

なので、実際に使ってみたインプレや釣果情報については信頼があるものになっています。

✔︎本記事の内容

  1. チャンクローとは
  2. カラーやサイズなどの詳細情報
  3. 使ってみたインプレ&口コミ

と、3つのことについて解説していきます。

本記事を読むことで、チャンクローとはどんなワームなのか?と言うことが分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

はちき
はちき
チャンクローはカバーへの実績が半端ないワームですね。

チャンクローとは

使い方を紹介する前にまずは「チャンクロー」についてもう少し知っておいて欲しい情報がありますのでそちらを先に記載します。

チャンクローの写真チャンクローはJACKALLの五十嵐将実さんがプロデュースしたワーム。比較的小さなワームだが一つ一つのパーツが水の中で激しく振動。力強く水を押して少し遠くにいるバスも集客可能。カバーエリアでもマッディな水でもしっかりと存在をアピールします。

名称 CHUNKRAW(チャンクロー)
メーカー JACKALL(ジャッカル)
発売日 2014年頃
公式サイト jackall.co.jp

チャンクロー情報

チャンクローについてもう少し詳しく知っておくと良いと思いますので、ここではカラーと大きさ(インチ)の種類を画像付きでご紹介します。

カラーに関しては、全備で13種類ありますのですべてはご紹介できません。なのでここでは僕のオススメ全5種類のみ紹介します。

下記で紹介する項目2つ

カラーの種類

カラー1,テナガシナモン


1番初めに紹介するカラーは「テナガシナモン」です。このカラーはどのようなワームでも人気のカラーで僕自身も使ったことがあります。

そこまで目立った色ではないため普通の水色でもクリアな水でも実力を発揮するカラー。

カラー2,スジエビ

2番目に紹介するカラーは「スジエビ」です。このカラーは見た目でも分かる通りかなり優し目でクリアウォーターで実力を発揮。

小さいサイズのチャンクローでしたらスモラバのトレーラーなどで見えバスにアプローチしても効果が出るかも!w

カラー3,メロンギルチャート

3番目に紹介するカラーは「メロンギルチャート」です。このカラーに関しては僕自身あまり使ったことがなくそこまで好みじゃないのですが僕の周りの人達が釣果を上げていらしたのでオススメの一つに紹介させていただきます。w

名前にメロンがついているぐらいなので、基本緑カラーです。しかも若干背中部分が強めの緑(深緑)なので水中の中でもかなり存在をアピールしてくれます。

大きさの種類

2.8インチ


チャンクロー全3種の中で1番小さい2.8インチは、基本どんなリグにも使えてその中でも使うのはダウンショットやスモラバのトレーラーです。2.8インチと言えばかなり小さいと思いがちですがチャンクローは他のワームよりも水の中でのアピールは半端ないのでそこまで気にならないと思います。

サイズ CHUNKCRAW”2.8inch
本数 1パック/7本入り
カラー数 13colors
価格 ¥760(本体価格)

3.5インチ


中間のサイズ3.5インチは2.8インチだと小さい4インチだと大きいとなった際の予備としても持つことができる。もちろんメインとして使うこともできます。使用方法は主にジグのトレーラーや小さめのテキサスです。

サイズ CHUNKCRAW”3.5inch
本数 1パック/6本入り
カラー数 13colors
価格 ¥760(本体価格)

4インチ


1番大きいサイズは4インチになります。これだと先ほどの3.5インチとサイズはほとんど変わらないのですがその小さな変化がかなり変わるみたいです。使用方法は主に3.5インチと同じでラバージグのトレーラー&テキサスになります。

サイズ CHUNKCRAW”4inch
本数 1パック/5本入り
カラー数 13colors
価格 ¥760(本体価格)

チャンクローの使い方

ここまで、チャンクローのカラーなどの種類や情報などを紹介してきました。なので、チャンクローがどんなものなのかについてはほとんど知っていただけたと思います。

ここからは、本題のチャンクローをどのように使って釣りをするのかについて画像付きで分かりやすく紹介していきます!

ラバージグのトレーラー

ラバージグに付けたチャンクローの画像

チャンクロー使用方法の1つ目は”ラバージグのトレーラー“です。この使い方は2.8インチ~4インチのどれでも使用可能で、小さい2.8だとスモールラバージグでサイトな釣りとかもできますし、4インチだとラバージグのトレーラーでカバーに打ち込むのとかもできます。僕自身1番オススメの使い方です。

【必見】ラバージグの使い方などをどこよりも分かりやすく解説します!この記事では、ラバージグの使い方を主にどのラバージグがオススメなのかやどんなワームをトレーラーにすると良いのかなどを分かりやすく紹介して...

ダウンショットリグ

ダウンショットリグをしたチャンクローの写真
チャンクロー使用方法の2つ目は”ダウンショット“です。この使い方は個人的に2.8インチが良いと思っています。もちろん3.5インチでも4インチでもできますがあくまでオススメとしては2.8インチです。釣り場所がザリガニやエビなどを食っているのでしたら釣果は必ず上がります。(保証なしw)

ダウンショットの正しい使い方を解説!【画像付きで紹介します。】この記事では、リグ界のTOP3の中の1つ「ダウンショット」について分かりやすく簡単に紹介していきます。 下記で紹介する内容が全てで...

テキサスリグ

テキサスリグにしているチャンクローの写真

チャンクロー使用方法の3つ目は”テキサスリグ“です。この使い方に関しては4インチが良いと思います。小さめの2.8インチや3.5インチでももちろん良いのですが使いやすさとしてはやはり大きめのワームです。また、テキサスでもシンカーをフリーで使うのでしたら弱めのカバーやオープンウォーターで使用したりできますし、シンカー止めを使うのでしたら強めのカバーに入れたりして使用できます。

テキサスリグを使いこなせば釣果はUP!?王道のリグをマスターしよう! こんな疑問や悩みを解決できる記事です! この記事を読み終えることで「テキサスリグ」について...

キャロライナリグ

キャロライナリグにしているチャンクローの写真

チャンクロー使用方法の4つ目は”キャロライナリグ“です。この使い方はオカッパリだと沖の遠くに投げてゆっくりと使用したりできます。根掛かりもテキサスより少ないので、沖に向けて投げるのでしたらキャロライナリグを使うのをオススメします。セット方法に関しても、色々な種類がありますので自分の好きなセットにしましょう!

チャンクローの釣果(口コミ)

まとめ:チャンクローのインプレ

最後まで読んで頂いただきありがとうごいました!🙇‍♂️

上記ではチャンクローについて色々とお話してきました。ここまでの解説(紹介)でほとんど完璧に分かって頂けたかと思います。

なので、わざわざまとめる必要はないと思いますがもっと分かりやすいように箇条書きでまとめさせていただきます。

・五十嵐将実さんプロデュース
・JACKALLの商品の中でも人気
・多用することができ一つ持っておくだけで安心
・カバーなどでもアピール大

チャンクローについてはこれで終了致しますが、他にも色々なワームやルアーなどを紹介していますので良ければそちらもご覧ください!

では、ここまで長い時間お付き合いして頂きありがとうございました!!🙇‍♂️(終了ですw)

ABOUT ME
はちき
香川県在住のバス釣りアングラーです。バス釣り歴7年・釣り歴10年以上/主にルアーのインプレやバス釣りに関する豆知識を発信。