バス釣り

ブラックバスが1番釣れる時期は春です。【実体験を元に理由を解説】

  • ブラックバスってどの時期が釣れるの?
  • バス釣り初心者で釣れる時期が知りたい
  • 反対に釣れない時期も教えて欲しい!

バス釣りは春夏秋冬、年がら年中釣りができるとして人気を集めているため、どんな時期が1番釣れるのかな?と悩みがち。

私は、バス釣り歴約7年で年間釣行が100日ほど行っており、春夏秋冬を通して釣りをしているため、具体的な体験を元に1番釣れる時期を知ることができました。

そこで、この記事では以下の3つのことについて解説していきます。

✔︎本記事の内容

  1. ブラックバスが1番釣れる時期
  2. なぜ、その時期が1番釣れるのかの理由
  3. 逆に1番釣れない時期などの紹介

この記事を読むことで、どの季節が1番釣れるのかを知ることができますし、反対の1番釣れない時期も知れます。

はちき
はちき
本記事では「ブラックバスが1番釣れる時期は春です。【実体験を元に理由を解説】」についてお話していきます。

ブラックバスは春夏秋冬いつでも釣れる魚

h2見出し1「ブラックバスは春夏秋冬いつでも釣れる魚」の装飾画像
疑問
疑問
ブラックバスは釣れる季節は決まってますか?
はちき
はちき
いえいえ、春夏秋冬いつでも釣ることができます。

ブラックバスは海の釣りや渓流の釣りとは違って、特別釣れる季節が決まっている訳ではなく“春夏秋冬”釣ることができます。

そのため、土砂降りや台風など自然災害がない限りはどんな時でも釣りをすることが可能です。

しかし、その中でもやはり釣れやすい時期と釣れにくい時期が存在するため、詳しく言ってしまうと“ハイシーズンとオフシーズン”に分かれています。

なので、厳密には春夏秋冬1年中というよりは春と秋がもっとも気候が安定していてアングラー側、魚側両方から見ても”ハイシーズン“と僕的には判断しております。

ブラックバスが1番釣れる時期は春

h2見出し2「ブラックバスが1番釣れる時期は春」の装飾画像
疑問
疑問
春と秋がハイシーズンと言ったけど結局は1番は?
はちき
はちき
1番ブラックバスが釣れやすいのは”春”ですね。

ブラックバスが1番釣れやすい時期というのは”春”でして、その理由を下記で4つほど紹介していきます。

理由1,産卵時期で食欲旺盛

h3見出し1「理由1,産卵時期で食欲旺盛」の装飾画像

ブラックバスは3~5月ぐらいに産卵シーズンを迎えますので、その前に食を摂って力を蓄える行動に移ります。

そのため、早春の時期は餌を求めている状態ですので、そんなタイミングでルアーが通るとどれだけ”天才のバス=スレバス”であろうと食欲が勝って口を使います。なので、春の時期は意外と釣られていないような針傷がないバスを良く見かけます。

あわせて読みたい
【攻略】春のバス釣りは〇〇を狙え!使うべきルアーや釣り方を完全解説! こんな悩みや疑問を解決できる記事です! この記事を読み終えることで、春のバス釣りを楽しみに...

理由2,水温が活発に動ける温度

h3見出し2「理由2,水温が活発に動ける温度」の装飾画像

春の季節は他の季節と違い天候や気温が比較的安定しているため、その分水温も安定しております。そして、気温で判断していただければ良いのですが、春は寒くなく暑くないと言った気温になりますので、水温が丁度良くブラックバスからすると活発に動ける温度になるそうです。参考グラフはこちら↓

2019年の気温・湿度のグラフ表参照:国土交通省[気象庁]

このグラフを見ると分かるのが、日本はあまり冬でも月平均にしてしまうと低すぎないためブラックバスが住み着くことが可能です。

その分、冬のような寒いと言われている時期から開けてすぐの時期である“春は水温が安定しやすい”ということになります。

あわせて読みたい
【事実】バス釣りには水温計が必須。【おすすめ4選や理由を解説】バス釣りは他の釣りと違って蓄積されたデータがあればあるほど安定して釣果をあげることができるのが事実。 そこで、もっとも重要視される...

理由3,岸側に寄りやすくなる

h3見出し3「理由3,岸側に寄りやすくなる」の装飾画像

春のブラックバスは産卵時期に突入するためオス・メス関係なく岸側に寄りやすい。そのためオカッパリをしている人たちからすると釣りやすい環境になるのは間違いなしです。

琵琶湖などの大きなフィールドなどでも春はオカッパリから出る釣果情報は比較的多くなります。ボートなどでバス釣りされている場合は釣果の変化は知りませんが、オカッパリの場合でしたら圧倒的に岸側は有利です。

理由4,ワーム・ルアーどちらでも釣れる

h3見出し4「理由4,ワームとルアーどちらでも釣れる」の装飾画像

春は食欲旺盛と上記の”理由1,産卵時期で食欲旺盛“で言いましたが、そのおかげでワームとルアーどちらでも釣ることができます。例えば、夏や冬などの気温が荒い季節は巻物よりワームですし、秋などの時期でしたらワームよりもルアーがおすすめ。

しかし、春に関してはワーム・ルアーどちらともバランス良く釣ることができるため、釣果も安定させやすくなります。また、春の中でも「早春はルアーなどの巻物・晩秋はワームがおすすめ」など色々と分かれている。

理由5,ネストを守って威嚇状態

h23見出し5「理由5,ネストを守って威嚇状態」の装飾画像

ブラックバスは産卵する際にネストを作って産卵するので、これをオスが守る状況になります。その時は他の動物と同じくかなり注意深く守るので、ブラックバスからして天敵の魚が近づいてくると威嚇として噛み付いてきます。

そのため、ワームやルアーもそこにしつこく投げることによって威嚇で口を使います。この時に、本物の魚でしたら逃げるのですが僕たちが釣れるように針がついているため、これによってフッキングします。

そのような釣りのことを“ネスト撃ち”と呼ばれるものです。

ネストとは“英語で巣”と言う表現のことでブラックバスやブルーギルはこのネストを作って産卵する。

あわせて読みたい
【注意】ネスト撃ちはしたらダメ?春にバス釣りをする上で知っておきたいこの記事では、バスアングラーの一生の悩みである「春バスのネスト撃ち」についてどうしてダメと言われてるのか、もし他人に注意されたどうすれば...

逆に、1番釣れない時期は冬である

h2見出し3「逆に、1番釣れない時期は冬である」の装飾画像
疑問
疑問
逆にオフシーズンで1番釣れにくいのは?
はちき
はちき
1番釣れない時期圧倒的に”冬”ですね。

ブラックバスが1番釣れやすい時期は”春”だと上記で言ってきましたが、真反対である1番釣れない時期は“冬”です。

これはもう圧倒的でして、比較になりませんが僕の釣果だけの目安をご紹介すると↓

100匹
60匹
80匹
30匹

と、このような感じで簡単な目安ですがこれぐらいの違いがあるのが事実です。

なので、春は比較的簡単ですが冬のような季節は厳しくてなかなか釣れません。そのため、オフシーズンと呼ばれています。

まとめ:ブラックバスの1番釣れる時期について

h2見出し4「まとめ;ブラックバスの1番釣れる時期について」の装飾画像

本記事の内容は「ブラックバスが1番釣れる時期は春です。【実体験を元に理由を解説】」についてお話してきました。

疑問
疑問
結論、なぜブラックバスは春に1番釣れやすいんですか!?
はちき
はちき
そうですね。春=産卵時期と言うのが1番の理由です。

ブラックバスは基本的に春夏秋冬釣れると言いましたが、その中でも1番釣れる季節は”春”になります。

逆に、1番釣れない時期は”冬”でしてバス釣り界では“オフシーズン”と呼ばれています。

今回紹介したことをまとめると以下の3つになりますので、ご参照ください。↓

  1. 1番釣れやすい時期は”春”の時期。
  2. 春が釣れやすい理由は産卵時期だから。
  3. 1番釣れない時期は冬である。
はちき
はちき
最後まで読んでいただきありがとうございました!🙇‍♂️

他にも、ルアーのインプレ記事や釣りに関する豆知識記事などもありますので、ぜひそちらもご覧ください。

ABOUT ME
はちき
香川県在住のバス釣りアングラーです。バス釣り歴7年・釣り歴10年以上/主にルアーのインプレやバス釣りに関する豆知識を発信。